FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
高い料金を払えば当たる占い師であるということはまずありません。
あなたにとって、当たる占い師を探さなければならないのです。
おそらく40~50人ほど、ピンとくる占い師で鑑定してみれば、1人は現れるでしょう。
これは私の経験上なので必ずとは言えません。もしかしたらもっと少ない人数でも現れるかもしれませんし、
100人くらい受けてみなければ見つからないかもしれません。
けれど、相性が合うのはこの世にたった1人だけ、、ということは絶対にないですから、いつも色んな占い師を順繰りにまわり、しっくりできていない方は、もっと色んなタイプの占い師で試すようにして下さい。
そういうときに便利なのが電話占いです。悩んだとき、その日に家でできるというのがいいですよね。

ピッタリくる占い師ができたときには、本当に心強く、また、その頂けるパワーも然りです。

それでは、私にとって「相性が合いやすい先生が多く在籍している」という点でおすすめの電話占い会社を挙げておきます。

・電話占い 優
・電話占い アンジェラ
・電話占い シャイン


是非、相性抜群の占い師を見つけて下さいね。
スポンサーサイト
line
今日は、占いを受けるにあたって、とても重要な「相性」について、ご説明したいと思います。

どれだけ評判のいい占い師であっても、自分との相性が悪ければ、全くといっていいほど視えないこともあるそうです。
見栄っ張りな占い師の場合、視えていなくても視えたふりをするような人もいます。
普段の人間関係でもそうですね。あの人とはなんだか気が合わない、とか。
その「気」だってこの世のパワーのひとつです。
パワーの波長が合わないのだと思います。

そして、この波長をすべての人間と合うようにしようとするには、厳しい修行と、謙遜心を忘れず、無条件の愛を持って奉仕する心を持っていることが必要になってきます。ヒーリング系のお力をお持ちの占い師は、こういった性質を持つ傾向が多いようです。逆に言えば、こういった性質を持つからこをヒーリングの力を持つとも言えます。

そして、占い師とて人間。中には嘘をつく人もいますし、妬みや偽りを体現していまう人だっています。

これを見極めるためには自分も精進しなければなりませんね。

そして生まれつき強い霊力を持っている人間は、自ら波長を合わせずとも、自分から視えたままをおっしゃいます。
人に合わせよう、波長を合わせようとはしないので、合わなければ仕方ない、と考えるのですね。。
霊力が欲しいと思っている人間からするともったいない話ですが、人の性格はさまざまです。

それでは長くなってきましたので、この続きはまた次回、書いていきたいと思います。
line
今日は、統計学と霊視について、書き綴っていきたいと思います。

今や電話占い会社は、霊視が基本です。

ただ、霊感占い師の中でも、統計学やヒーリングやカウンセリングのエキスパートの占い師さんがたくさんいます。

長年、鑑定を受けてきて、ひとつ言いたいことは・・・

・霊視だけにこだわりすぎない。
・鑑定歴にこだわりすぎない。

この2点が非常に重要だと思います。

私も電話占いが初めての頃は、「霊視のみ」「鑑定歴は長いベテランのみ」にこだわっていました。

ただ、日々鑑定を受けていく中で、ネームリーディングができる占い師さん、タロットがひける占い師さんがダントツに的中率はよかったです。

その占い師さんを更に分析すると、数秘術や四柱推命に精通されているかたも多かったり・・・。

ただ、霊視のみの先生でよい先生も確かにいらっしゃいます。ただ極端に少ない(占い師さんの数)という感じがします。

また、鑑定歴が浅い先生で、抜群の霊視力の先生がいらっしゃいました。
この先生の鑑定を受けて、「鑑定歴は関係ない」・・・と瞬時に思いましたね。

以上の経験から、何ごともそうですが、こだわりすぎは(偏見)は絶対によくないということです。

もちろんHPなどからのインスピレーションは大切にしたほうがよいですが、だからこそ!こだわりはよいインスピレーションの邪魔になるということです。

みなさまのよい占い師さんとの出会いの助けになれば幸いです。
line
さて、昨日のお話の続きを書いていきたいと思います。

まず、例の「当たる占い師」ですが、1回行っただけではその人が本当に視えているのかどうか、分からないと思うのです。
霊視というものには、必ず「相性」というものが重要になってきます。

霊能力を持っている人間と視られる人間。
人間同士そのもの、または互いの守護霊同士など。

周りの人間がことごとく当てられたからといって、あなたも絶対に当たっているとは限りませんよ。

そして、私は数々の先生の鑑定を受けているうち、本当に視えている人と視えていない人を自分で見分けられるようになってきました。

視えている先生は、ある程度期間を置いて同じ質問をしようとも、答えがブレません。何でそう視えるのかも、ちゃんと説明してくださいます。

反対で、視えていない先生は、お答えが定着しません。
こちらが言うことに、左右される感じ。

もし本当にその占い師が自分のことを当てられるのかを確かめたければ、何度か通ってみることです。
ポイントは、占い師には、過去に視てもらったことを切り出さないこと。
そして、自分置かれた状況に変化がないのに「以前と答えが違う…」のなら、あまり信じない方がよいですね。


そして…どちらが悪いかというお話ですが、
どっこいどっこいではないでしょうか。

占いは、可能性を広げてくれるツールでもあります。「もし、言う通りに結婚できなかったら…」と悲観的に、その先を幸せに生きることを放棄して終わってしまう方は、せっかくの占いというツールを無駄にしてしまっていると思います。「結婚できないのなら、この先どうしようかな」と、その先についての幸せについて考えてみるべきです。
結婚できないのは、嫌かもしれません。けれど、できなくても、生きていけます。
そして、その占い師の結果を受けて、運命を変えてゆける力を持っているのはあなたです。

そして、もしその占い師の方がSさんのことが本当に視えていたなら、Sさんが少なからず結婚したいという気持ちも分かっていたはず。誠実で人類愛のある、人助けを使命にしている占い師であれば、どうすれば結婚を引き寄せられるか、助言をしてあげるものです。(もちろんここで物品販売などをしてくる占い師は悪質です)
しかし、占い師も人間です。性格があるのは仕方ありません。

Sさんにこのことをお話すると、だんだんと落ち着いてきたようでした。
なんだかスッキリして、癒されたとのこと。そう言われると、自分の経験がお役に立ててよかったなと思います。

私たちはもといた歩道でお別れしたのでした。
line
先日、知り合いのSさんから、当たると評判の占い師に「あなたは仕事運がとてもよいが、結婚は出来ない」と言われて、ずっと気持ちが晴れないでいる、と相談されました。
私が占いに精通しているというのをお友達から聞いており、ばったり近所の歩道で出会ったので、近くのカフェに入ってお話しました。

タロット占いと霊視を合わせて使う占い師で、私も何度か視てもらったことがある方でした。何人ものお友達やお知り合いが行き、「当たっていた」、「いいことばかり言われた」とはしゃいでおり、そのうち本当に恋愛成就したり、結婚まで言われた時期が当たっていたりと大評判で、仕事の忙しいSさんも、独り身を案じてくれたお友達に半ば連れられる形で鑑定に行ったそうです。

占いなんて信じられない、という気持ちが捨てきれないまま鑑定に入り、疑心暗鬼なSさんでしたが、占い師の方はカードを読み取り、途中で目をつぶったりしながら、ぽつり、ぽつりとSさんの状況を言い当てていったそうです。
そして、冒頭の言葉を言われたと。

仕事のせいで5年程彼氏も作らずにいたのは確かだそうですが、これまでも何人か異性からアプローチされていたことがあったSさんなので、自分さえその気になれば、結婚には困らないであろう、と少なからず高を括っていた自分の気持ちを認識してしまったことにもショックだったそうです。

はじめから信じていなかったのに、今は自分が嫌なことを言われたから信じたくない、と思っているようでとてももやもやする。私の状況を当てられていたこともひっかかるし、こんな気持ちになるなら、本当に行かなければよかったと悔いている、と言うのです。

みなさんは、どう思われますか?

嫌なことを言う占い師が悪いと思いますか?

それとも、自分と向き合わないSさんが悪いと思いますか?


……さて、長くなってきましたので、この相談をうけて私がSさんに助言したことを次回、書いていきたいと思います。
line
line

line
検索フォーム
line
広告
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。