上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
悩みごとはいつまでたってもなくならないものですね。

恋愛の悩み、人間関係の悩み、将来の悩み…言い出すとキリがありません。

もし人に打ち明けられない悩みがあれば、是非電話占いを利用してみて下さい。

電話で占いをする、これだけ聞いてあやしいと思う人はたくさんいます。

そしてあやしいと思われる原因も様々だとは思います。

でも実際救われている人もたくさんいるんです。

勿論私もその一人です。


私は友人たちに電話占いのことを話しはしますが、

強引に利用をすすめたりすることはありません。

でも一度だけ、とても悩んでいる友達に電話占いをすすめたことがあります。

その時は彼女も気が立っていたのか、こんな時に占いなんて!
と非難されてしまいました。

しかし驚くことにその後、彼女から謝罪と感謝の言葉を貰えたんです。

電話占いに掛けてみたら、あれだけ悩んでいたのが嘘みたいになった、と。


彼女はそういった目に見えないものは一切信じない人でした。

電話占いにかけたのは、自暴自棄になって、
どうなってもいいや、騙されてもいいや、となったからだそう。

そして試しに掛けてみたら、初めて話した受付の人も、占い師さんも、
想像以上に優しくてきさくで、驚いたそうです。

疑うようなことを言われたわけでもなく、
料金に関しても想像より安かった。

自分が思っていた「占い」の概念が変わったとも言ってましたね。

それから彼女は、
本当に気が向いた時だけ電話占いを利用するようになりました。

特にイライラが止まらない時が一番多いんだとか。


電話占いではこういうことがよくあるそうです。

おそらく未経験の方からは想像が出来ない不思議な世界だと思います。

でももっと気軽に利用してみても良いと思うんです。

手元にあった雑誌をぱっと開くように、

なんとなくインターネットで調べ物をするように、

気軽に電話をかけて、気軽に占ってもらう。

自分の都合の良い時だけ占ってもらう。

占いもそんな利用のされ方になる時代が来たのではないでしょうか。
スポンサーサイト
line

突然ですが、あなたはどうして占いが好きなのですか?

自分自身でも考えてみました。
私はどうして占いが好きなんだろう?

おそらく私は、昔から悩みやすいタイプで、
考えることも考えをまとめることもあまり上手ではなく、

悩みごとがいつまでたっても解決せず、
自分ではにっちもさっちもいかなかったとき、

ふと手に取った雑誌の占いに励まされて、
それから好きになったんだと思います。


長い間悩んでいると、だんだん余裕がなくなっていき、
周りも見えなくなっていって、
解決する為の手段や選択肢がなくなっていくんですよね。


そんな時に占いをすると、目の前が開かれるというか、
当たり前のことなのに見えなかったり
わからなくなっていたことを思い出させてくれる。


あぁ、そういう考え方があったのか。
そんなアイデア、思いもよらなかった。
見方によってずいぶん変わってくるんだな。

それに気づけるのがとても嬉しかった気がします。


自分以外の意見と言われればそれまでですが、
一般人の方々とはまた違う意見が貰えるのも、
また楽しいものでした。


そんな体験をしてから、私は占いが好きになりました。


いつでも気兼ねなく利用出来る、
電話占いというものがあることを知ったときも、
それはもうテンションが上がったものでした。



占いは、生きていて絶対必要なものではありません。

でも利用すれば、もっと生きやすくて、
楽しい毎日になると思います。

毎日が苦しく、つらい日々ではないですし、
占いを利用したからといって、
必ず毎日が楽しくなるわけではありません。


でも、より良い毎日を過ごしたいなら、
上手く利用するべきものだと思います。



私は占いが大好きです。

皆様はどうですか?
line

みなさんは、
電話占い師がどうやって占い師になったのか
気になりませんか?


電話占いって対面占いと違って目に見えないので、
「どんな人が占い師なの?」
と不安な人を多いのではないでしょうか。


中には実際、複数店舗を運営していて・・・

あるときはA店のA占い師、あるときはB店のA占い師、
あるときはC店のA占い師といった風に、
同じ占い師を違う占い師として稼働させている店舗も結構あるといって過言ではありません。


電話占い師といいますか、
占い師自体は、主に3つの道があります。


1つは、独学。
「占い師」という共通の国家資格などはないですので、
自分で学び、電話鑑定のお店や対面鑑定のお店で面接を受け、占い師としてデビューする。


2つ目は、
自分が鑑定を受けた先生や感銘を受けた先生を師事する。
その先生の下で働くか、独立して自宅で鑑定中を始めたり、
他店のお店に面接を受け、占い師としてデビュー。


3つ目は、占いスクールからの独立。

どの経路でも、最終的には、自分でお店をもつのか、お店や会社に所属するのかどちらかになります。


人気のあるかたは、口コミでドンドン広がります。

ただ自分で独立すると、
集客、集金の苦労が並大抵なことではないので、だいたいの占い師が会社に所属することにはなると思います。


1点、注意することがあります。

宗教とはつながっていないか。
物品販売をしようとしていないか。
祈祷などと称して、別料金、別メニューを要求してきていないか。

こういったことは特に注意が必要です。

電話占い師は顔が見えません。

お店、会社がキチンと株式会社や有限会社などの会社組織で運営しているか。

会社概要や特定商取引に関する事項などが書かれているかキチンと確認することも、よい電話占い師、よい電話占い会社に出会うために、とても大切なことだと思います。

line
今もそうかもしれませんが、

一時期スピリチュアルという言葉が流行っていましたよね。


その当時はスピリチュアルなことにはあまり興味がありませんでした。

スピリチュアルって、

『精神的、または霊的な』というような意味で使われていますが、

いくらテレビでそう言っても自分には遠い世界のように感じたからです。


そんな眼に見えないものを信じるなんてとても、でした。


でも今は少しわかる気がします。

実際、占い師の先生とお話をしていると、

どうしてそんなこと知ってるの?!

と思うことが多々あるんです。


心の底に隠していた気持ちを、優しく開かれて、癒される感覚。

こういうスピリチュアルなことなら、悪くないなって思います。


色んな人に感じて欲しいです、この感覚。


line

嫌なことがあった時、気分が沈んで知っている時、どうしますか?

その原因が明確な時は対処のしようもあるでしょう。

しかし、どうしようもなく気が沈んでしまったり、好転させようとした結果、悪循環のスパイラルにはまってしまい抜け出せなくなってしまった場合、自分ではどうしたらいいのかわからなくなりませんか?

私は時々そういう風になってしまいます。

自分なりに考えてみたり、友人に相談したりもしますが、なかなか今の状況を上手く説明できず結局しっくりくる答えが見つからない。

そんな時は霊感霊視を得意とする占い師に頼るのも1つの手段だと思います。

自分でも整理が付かないことでも、霊感霊視の占い師は掴み取ってくれます。

そして今の状況にあった答えまで導いてくれます。

結果通りの行動をすれば、必ず状況が好転する!とは私も思ってはいませんが、

ちゃんと分かってくれる人がいるということは心を軽くしてくれます。

それだけで、悪循環のスパイラルから抜け出せる一歩を踏み出せそうじゃないですか?

今、どうしたらいいのかわからないと頭を抱えてしまっているのなら、
霊感霊視の占い師に頼ってみるのもいいかもしれませんよ。
line
line

line
検索フォーム
line
広告
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。